どんな手術が行われるか

カウンセリング

カウンセリングが大切

男性特有の悩みである包茎(仮性・真正・嵌頓)は、大人になってくると入浴時・性交渉時に陰部の状態が気になってしまって自分に自信が持てなくなる場合があります。そのように感じる時は、形成外科や美容外科等の病院でカウンセリング後に包茎治療をするのが最適であり、形成手術を行うと1ヶ月程度で長年の悩みが解消されます。カウンセリングでは、ご自身の陰茎・亀頭・包皮の状況確認と勃起時にどれくらい包皮が覆われているか等のチェックを行い、手術後の男性器のイメージ作りを行います。勃起時に包皮が覆われているタイプの仮性包茎の治療は、包皮切除術が推奨されていて、陰茎を長くしたい場合は長茎術をする事もおすすめします。包茎手術は、治療方法によって大きく費用が異なりますので、治療方法を確認する際に必ず医師やスタッフに総額を聞いておく必要があります。一般的な手術費用は、5万円〜20万円台が多いものの、病院独自の手術方法・難易度が高い手術・複数の手術を行う事に関しては費用がある程度アップする点には注意しましょう。多くの手術は、自由診療扱いとなっているので、10割負担が多くを占めていますが、一部の手術では社会保険が適用されるケースもあるので、カウンセリング時に相談をしましょう。なお、いきなり病院に行くのが厳しいと感じている場合は、電話・メッセージによるカウンセリングを行っている事から、長い間悩んでいる方は非対面式のカウンセリングを活用しましょう。

Copyright© 2018 気になる男性器の悩みも包茎手術で解消!【自尊心を高めたい】 All Rights Reserved.