男性器の悩み

待合室

コンプレックスを解消

高校生以降の男性の悩みとして挙げられるのが、性器に対するコンプレックスであり、勃起をしていない時に包皮が陰茎・亀頭を覆ったままの事を気にする場合があります。仮性包茎と呼ばれる、勃起時に亀頭が露出するタイプは治療をする必要はないものの、女性との性行為で立派な性器をアピールしたいと感じる場合は包茎治療をおすすめします。真正包茎・嵌頓包茎といった皮被りの状態の男性器も治療をする事をおすすめしますが、いきなり手術するのではなく必ず医師の下でカウンセリングを実施しなければなりません。最初は、見知らぬ人に自分の性器を見せる事は躊躇しますが、手術をする事によって心も体も確実に満たされるようになるので、悩まずに病院を訪れましょう。治療が出来る病院は、男性向けクリニック・美容形成外科・泌尿器科等があり、理想とする男性器サイズに合った手術をカウンセリング時に提案してもらえます。皮余りが気になる場合は包皮切除・長い陰茎にしたい場合は長茎術・太くしたい場合は注入法などがあるので、それぞれの利点を説明してもらうと良いでしょう。カウンセリングから数日後に手術を実施しますが、多くの手術時間は数十分から1時間程度で終わり、麻酔から覚めて少し休憩を取れば、その日のうちに自宅に帰る事が出来ます。手術後の通院は、実施する病院と実施しない病院に分かれているものの、術後に気にある事があれば気軽に相談に乗ってくれるので、不安な事があれば電話や実際に病院に行って診てもらうと良いでしょう。

Copyright© 2018 気になる男性器の悩みも包茎手術で解消!【自尊心を高めたい】 All Rights Reserved.